銀行系のクレジットカードとは?どんなカードがあるの?

■クレジットカードの種類

 クレジットカードを発行している会社はたくさんあります。その会社の種類によってカードの種類も変わってきます。例えば信販系カードといえば、オリコやジャックスなど信販会社が発行するカードです。ほかにもイオンやクレディセゾンのカードは流通系カードともいわれています。

■銀行系カードのメリット

 中でも三井住友VISAカードを代表とする銀行系カードは非常に便利な特徴を持っています。ほかのカードに比べて審査は厳しめですが、そのぶんステータスとしては十分な価値を持っています。どこに出しても恥ずかしくないカードといえるでしょう。こつこつ使ってゴールドカードにランクアップすれば、機能的にもステータス的にも成績優秀なカードとして、一生おつきあいできるカードとなります。

 このステータスは非常に重要で、住宅ローンを組む時などはこれがカギとなってきます。もし将来的にローンを組むことを考えているのであれば、今のうちから銀行系のカードを所有するのもいいでしょう。

qdw

■銀行系カードの種類

 銀行系カードに先ほどの三井住友VISAカードのほかにも、MUFGカードやりそなカードなどがあります。メインバンクのカードを1枚持っておけば、支払いの管理もしやすく非常に便利です。学生限定のカードも充実しており、三井住友デビュープラスカードなどがあります。※その他、学生のクレジットカード情報はココで!→学生にオススメのクレジットカードは学生クレジットカード.com

 銀行系カードは、他のカードに比べるとややポイントの還元率などでは劣ってしまう部分もあります。キャンペーンなどもそれほど多いわけではありません。普段の買い物では流通系や信販系のカードを使い、サブのクレジットカードとして銀行系のカードを持っておくというように、カードごとに役割をはっきりとさせておくのもいいかもしれません。同じクレジットカードですがその性質は全然違うということを知っておきましょう。

ゴールドカードやプラチナカードで使える空港のラウンジサービスってどうなの?

sad

■ラウンジサービスって?

 ゴールドカード以上の会員になると、ラウンジサービスを受けることができます。このサービスは、空港内に設置されているラウンジを無料で利用することができます。ビジネスクラス・ファーストクラスなど登場するクラスに関わらず、会員であれば無料で利用することができます。

 フリードリンクや新聞・雑誌の閲覧、無線LANの接続などを利用することができます。アルコールドリンクやシャワーの貸し出しなども有料サービスとして用意されています。サービスの詳細は空港ごとに異なっています。利用の際は対象のクレジットカードと航空券の提示が必要になります。

■プライオリティパス

 カードに付帯されているサービスとは別に「プライオリティサービス」というものがあります。これは世界の空港ラウンジと利用契約を結び、世界120か国400都市700か所以上のラウンジを利用することができます。このサービスのすごいところは、会員はVIPラウンジ利用することができるということです。先ほどのラウンジサービスはカード会員向けの一般ラウンジだったのですが、こちらは会員であればだれでもVIPラウンジを利用することができます。

 このプライオリティパスの認知が広がるにつれて、カード会員になれば、プライオリティに無料で入会できる特典を提供するカードが増えてきました。こちらはカード発行後に別途で申請する必要があります。
 普通に申請しようとすると年会費がかかり、またラウンジの利用料もかかります。スタンダード会員であれば、年会費が99ドル、ラウンジの利用料が1回に付き27ドルかかります。スタンダードプラス会員であれば、年会費は249ドルかかりますが、ラウンジの利用料は10回まで無料です。そしてプレステージ会員は年会費が399ドルと高額ですが、ラウンジは何度利用しても無料です。

 カードの特典で入会すると、なんとプレステージ会員になります。さらに年会費はプライオリティパスの年会費はかかりません。かかるのはカードの年会費のみです。当然カードもゴールド以上で、年会費もそれなりにするカードばかりですが、中で持楽天カードのように年会費が1万円程度なのにプライオリティパスに入会することができるカードもあります。ぜひ1度体験してみてはいかがでしょうか。

ゴールドカードやプラチナカードのコンシェルジュサービスってどうなの?

■コンシェルジュサービスって?

 クレジットカードの最高峰といわれるプラチナカード。ゴールドカードよりもさらに格式が高く、その特典も非常に充実しています。世界600か所以上の空港ラウンジの無料利用や高級ホテルの割引などなど。
 中でもプラチナカードを持ったらまず使ってほしいといわれるサービスが「コンシェルジュサービス」です。これは、執事の役割を持つサービスと言われています。電話1本入れるだけで、コンサートやミュージカルなどのチケットを手配してくれたり、旅行のプランニングからお店の手配までをしてくれたり、旅行中も国外、国外のショッピング・ブランドの情報を調査してくれたりと、なんでもしてくれます。

■ゴールドカードでも利用できるの?

 コンシェルジュサービスはプラチナカード以上のカードが利用することができます。ゴールドカードでは利用することができません。またプラチナカードでも必ずこのサービスが付帯しているとは限らないので注意が必要です。

 そのサービスの質も差があります。例えば、ホテルを探してくれと依頼をすると、ホテルの予約までをしてくれるサービスもあれば、いくつかのホテルを候補として探してくれても、予約は自分でしなければいけないところもあります。またチケットの手配に関しては独自のルートを持っているところもあり、自分で予約をしようとしてもできなかったというチケットをコンシェルジュサービスに依頼すると、すんなりと手に入ったということもあります。おなじコンシェルジュサービスでも内容は様々です。

■どんなプラチナカードがこのサービスを利用できるの

 コンシェルジュサービスを利用できるプラチナカードは、アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード(年会費367,500円)、JCBザ・クラス(52,500円)、三井住友プラチナカード(52,500円)、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレスⓇカード(21,000円)などなど。

 どのカードもやはり年会費がとても高額になります。しかしそれ以上にプラチナカードが与えてくれるサービスや何よりもステータスは非常に魅力的なものになります。クレジットカードを使っている以上、一度は利用してみたいサービスですね。